パーソナルトレーナー 出張 派遣:コラム

会社概要 | サイトマップ | 採用情報 | お問い合わせ |

パーソナルトレーナー出張サービスの料金表


運動と、心理・精神面 3


運動などの身体活動による心身への効果について、WHOが1996年の「第4回身体活動、エイジングとスポーツに関する国際会議」の中で提言を行っています(1)。
心理学的、生理学的、社会学的効果に分けて、それぞれの短期的恩恵と長期的恩恵に触れています。メンタルヘルスへの効果などは、まだ科学的な根拠が十分にあるという状況ではないようですが、心理・精神面への効果を認めています。


【心理学的効果】
―――短期的恩恵―――
1.リラクセーションの強化
2.ストレスおよび不安の低減
3.気分の強化
―――長期的恩恵―――
1.一般的安寧の獲得
2 メンタルヘルスの改善
3.認知機能の改善
4.運動の制御とパフォーマンスの向上
5.技能の獲得


【生理学的効果】
―――短期的恩恵―――
1.血中のグルコース利用の上昇
2.カテコールアミン(アドレナリン,ノルアドレナリン)の分泌
3.睡眠の量および質の強化
―――長期的恩恵―――
1.心臓血管系機能(有酸素性持久力)の改善
2.筋力の強化
3.柔軟性の維持・増強
4.バランス,協応力の維持・増強
5.動作速度の維持


【社会学的効果】
―――急性(短期的)効果―――
1.高齢者の権限の強化
2.社会的統合の強化
―――慢性(長期的)効果―――
1.社会とのかかわりの強化
2.新しい親交の形成
3 社会的ネットワークの拡大
4.役割の維持と新しい役割の獲得
5.世代間活動の強化

 

    • 1)Chodzko-Zajkom W.J.: The World Health Organization Guidelines for promoting physical activity among older persons. Journal of Aging and Physical Activity. 5:1-8.1997.






ページの先頭へ戻る



ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

「こんな悩みがあるが、運動で直せるのか?」
「どんなトレーニングが私には合っているの?」
「いろいろ試したけど効果がなくて、他に何か方法はあるの?」
「こんな要望にも対応してもらえるの?」
など、何でも結構です。

健康・運動のプロとして、お客様のお悩み・ご要望に
誠心誠意お応えいたします。